亜鉛は重要な栄養成分である必須ミネラルであり、私たちにとって必要不可欠な栄養素です。不足しがちなミネラルであり、また大変体内吸収しづらい特徴を持っていることから、手軽に補給できるサプリメントも種類豊富に販売されています。そんな亜鉛サプリメントは各メーカーが品質にこだわって作っています。その安全基準に注目してみましょう。

 

サプリメント選びで大切なことは安全かどうか

 

品質管理

 

サプリメントは便利で簡単、且つ経済的に必要な栄養素を補給することができるため、この忙しい現代社会の中で、とても重宝されているアイテムのひとつです。そんなサプリメントの以上はここ数年でグッと大きく成長しました。ドラッグストアはもちろん、コンビニなどでも手軽に手に取ることができ、サプリメントはすでに毎日の生活の中に溶け込んでいます。

 

亜鉛は健康維持い大きな影響を与える栄養素であり、なおかつ体内吸収率のとても低い成分です。子供からお年寄りまで、幅広い年齢層に必要不可欠でありながら、その吸収率は非常に低いため、吸収されやすいサプリメントでも摂取が増えているのです。

 

そのため、サプリメントの種類や数も豊富で、ずらりとならんだサプリメントの中から、自分に合った亜鉛サプリメントを選ぶのは至難の業。なにを基準に選んだらいいのか迷ってしまいます。そんな時は、まず安全性の確認を。

 

品質管理のしっかりとされた安全性の高いサプリメントは第一条件に挙げるべきだと考えます。そんな安全性の高いサプリメントを選ぶ際にチェックするのは、GMP基準で作られているサプリメントかどうかということ。

 

GMPとはGood Manufacturing Practiceの略語で、日本語では「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」と訳します。輸入されたサプリメントには健康被害の危険性のある品質の良くないサプリメントも多数存在しているため、チェックが必要です。サプリメント大国であるアメリカでは、FDA(米国食品医薬品局)から製造を中止しろと勧告されるサプリメントが多く発生し問題に。サプリメントを選ぶ際は、まずその安全性が重要案件なのです。

 

GMPをもっと詳しく知りたい

 

GMPとはGood Manufacturing Practiceが正式名称であり、医薬品を製造するにあたって、その製造管理の基準を定めたものです。これを医薬品GMP基準と言い、サプリメント選びの際、基準にして考えると安全で安心なサプリメントを選ぶことができると言われています。GMPでは原材料の選定や入荷から製造、そして出荷するまでを一貫して定めています。

 

日本はサプリメントの分野では後進国であり、事細かな基準はありませんでした。ですが、WHO(世界保健機関)がこのGMPを作り推奨したことによって、日本をはじめさまざまな国で定められることになりました。日本ではこのGMPを基に、厚生労働省が「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令」、いわゆるGMP省令ができあがりました。

 

GMPの中心となる主な考え方とその目的はこのようになっています。

  • 人による間違いヒューマンエラーをできるだけ少なくする
  • 製品の質を低下させたり汚染されるのを防ぐ
  • どの製品に関してもムラなく高い品質を保つようにする

 

これらの目的を達成するために、工場の設備や環境面、そして製造する人のルールや行動、それを記録し見直し改善する事細かな内容がGMPです。サプリメントを選ぶ際は、このGMP基準がとても重要であることを覚えておく必要があります。GMPは第三者機関によって監査や査察を行い、厚生労働省が定めたガイドラインをクリアしていると、GMP認定工場であると認められます。GMPに認定されると、製造された製品にはGMP認定マークが表示されるようになります。

GMPマーク

 

もっと詳しく:いい亜鉛サプリ5つの特徴

 

まとめ

 

亜鉛のサプリメントはとても人気です。そのためさまざまなメーカーが多くのサプリメントを販売しているため、どのようなサプリメントを選べばいいのか迷ってしまいます。そんな時は安全性を第一に考えることが大切。その基準としてGMPがあり、それを軸にしてサプリメント選びを行うと失敗が少なくなります。

 

人気の亜鉛サプリメントランキング